リキッドの種類と電子タバコについての情報


電子タバコについての情報

電子タバコは、リキッドと呼ばれる様々な味や香りを楽しめる液体を電力で気化し、蒸気を吸引するものです。従来のタバコはタバコの葉を加熱する事で、ニコチンを体内に摂取していましたが、電子タバコに使用する日本のリキッドは、基本的にはニコチンが含まれていません。なぜなら、日本ではニコチン入りのリキッドの販売が禁止されているからです。

ニコチン入りの電子タバコを吸いたい場合には個人で輸入する必要があります。また、電子タバコには大きく分けて高温加熱式と低温加熱式の2種類があり、高温加熱式の方が喫味とニオイは強くなります。低温加熱式は喫味が弱くなる分、ニオイも少なく事がメリットの1つです。また、様々なメーカーが販売している電子タバコがあり、それぞれ値段や喫味などが異なります。

リキッドの種類と特徴

リキッドには様々な種類があり、ミントやバニラなどの代表的なものから、複数の香料をブレンドしたフルーツ系の香りなどがあります。フルーツ系のリキッドは甘く酸味が感じられるため、爽やかな味が特徴です。そして、スイーツ系にはチョコレートや特定のお菓子の名前のリキッドなどがあり、男女共に人気が高いリキッドとなっています。

リキッドには上記のように女性に人気が高い物のほかにも、タバコの銘柄のリキッドも販売されています。また、お酒を使用したカクテルなどのリキッドもあり、その種類は膨大です。また、独自でリキッドを混ぜて使用しても問題ないため、自分でお気に入りのリキッドを作成する事もできます。自分にあった電子タバコやリキッドを選ぶ事が重要です。

VAPEと呼ばれる電子たばこを使用するときに、ニコチン入りの液体を気化さえ、煙を吸引します。このときに使用される液体がニコチンリキッドと呼ばれています