これで迷わない?!自分のためのメガネ選び


たった1つのメガネを選ぶ基本の二つのコツ

膨大な数の中から、たった1つ自分に似合うメガネを選ぶのは簡単ではないです。流行りのデザインの物を選んだからと言って自分に似合うわけでもないです。

そこで、似合うメガネを選ぶ為に大切な2つを紹介します。それはメガネのフレームの縦サイズと横サイズこの2つに注目します。縦フレームは眉から顎の1/3のサイズを選ぶと、違和感のない印象になります。横サイズは顔の幅か、それよりも少し狭いものを選びます。この2つのコツに沿わないと輪郭のバランスが崩れて見えたり、目が寄って見えてしまいます。似合うメガネは人それぞれなので実際にお店へ足を運んで試着してから購入することをお勧めします。

応用編、顔の特徴と合うメガネとは?

顔で見てもらいたい箇所が三か所あります。髪の生え際、頬のライン、下唇のラインの三か所です。それぞれ、髪の生え際とメガネのトップライン、頬のラインとメガネの再度カーブ、下唇のラインとメガネのボトムライン、これらを揃えることにより顔の特徴に合ったメガネを選ぶことができます。

顔の形別、メガネで顔の欠点をカバー

メガネは似合う、似合わないだけでなく顔の形の欠点をカバーしてくれる役割もあります。目の錯覚を利用してフェイスラインやパーツのバランスを整えます。顔の形5種類、卵顔、丸顔、三角顔、面長、四角顔、をそれぞれ紹介します。

丸顔の人はどんな形でもバランス良く掛けられます。丸顔の人は横幅の狭いシャープなデザインを選ぶとフェイスラインがすっきりシャープに見えます。三角顔の人はラウンド型などのなだらかなデザインの物を選ぶと柔らかい印象になります。面長の人は幅の深い尚且つすっきりシャープなデザインが良く似合います。四角顔の人は幅の深い大きくてはっきりしたデザインがおすすめです。

メガネは試着してからの購入が当たり前で、ネット通販は難しいと言われていました。しかし、フレームだけを送って家で試着できるサービスが登場したことで、ネット通販での販売が普及していきました。